読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作特輯!「正かな」増刊号の記事を募集します

 来たる5/5(月祝)に開催される第十八回文学フリマ(於・東京流通センター)で、「正かなづかひ 理論と實踐」増刊号を初売予定です。
(5/18(日)に大阪マーチャンダイズ・マートで開催される「関西コミティア」、および通販でも頒布予定です)
 この増刊号は「創作特輯」と銘打つて、歴史的仮名遣による小説、戯曲、詩、短歌、俳句、漫画等の創作作品を募集致します。募集要項は「正かな」ウェブサイトに掲載されてゐます。一次〆切は3/23(日)です。原稿を追加募集します。二次〆切は3/31(月)です。

http://osito.jp/minkana/contrib.html

 なほ、8月には「正かなづかひ 理論と實踐」第6号の発行を予定してゐます。「創作特輯」で受け付けてゐない、随筆、書評等については第6号でお受け致しますので、こちらもよろしくお願ひ致します。

 増刊号・第6号共、原稿をお書きくださつた皆様には、完成した同人誌を一人一冊無料で差し上げます。
 それでは、皆様の原稿を心よりお待ち致します。

「イベント・同人誌専門店での頒布優先」の方針を撤回致します

 昨年12月に告知した以下の内容は、撤回する事に致します。

 今回から、「正かなづかひ 理論と實踐」(と、その他コピー本ではない冊子)は、イベントおよび同人誌専門店に優先的に冊数を割り当て、またリリース時期も「はなごよみ」の通販より優先しますので、出来るだけそちらでお求めになる事をお薦めします(定価も「はなごよみ」の通販より若干下げる予定です)。
 今のところ、「はなごよみ」での通販を取りやめる予定はありませんが、新刊はリリース時期をずらします。つまり、同人誌専門店での頒布がある程度落ち着いてきてから「はなごよみ」の通販でもリリース致します。もちろん、同人誌専門店で扱つてゐないコピー本は、「はなごよみ」の通販でも従来通りに取り扱ひますので、引き続きご愛顧下さい。

 2ヶ月余りの間、実験的にこの方針を導入してみた理由とは「同人ショップの客をはなごよみ直の通販(以下、自前通販)が奪つてゐるのでは」といふ懸念でした。しかし、結論としてわかつた事は、「イベントや同人ショップでの頒布を優遇しても、自前通販で購入する客層がそちらに流れる事は殆ど無いし、更に悪い事に、購入自体諦めてしまふ」つまり「同人ショップの客層と自前通販の客層は殆ど重ならない」といふ事でした。それなら、自前通販をご利用くださる方にとつて便利な方が良いに決まつてゐますから、元の方針に戻す事に致します。混乱を引き起こしてしまつた事をお詫び致します。
 今後、「はなごよみ」の通販では、イベントで出たばかりの新刊を含め、こちらに在庫のある本はすべてお求めいただけますし、こちらを中心に据ゑていく方針です。
 同人誌即売会では、新刊をいの一番に御購入いただけるメリットがあります。今後、スペースの都合上、旧作を机に陳列しない事がありますが、在庫があれば奥からお出ししますし、お申し出があれば予め確保いたします。
 同人ショップでは、オンデマンド本やオフセット本のみ委託し、コピー本はほとんど委託しない予定ですし、旧作は在庫切れの事がありますが、新宿や秋葉原の店頭ですぐお求めいただけるメリットがあります。
同人誌即売会も同人ショップも、サークル側の都合としては「サークルの知名度向上の為の宣伝」としても非常に効果的なので、今後とも続けていく予定です)
 それぞれ違つたメリットがありますので、皆様のご都合に応じてお選び下さい。

「はなごよみ」ウェブサイトの内容を順次移転中です

 現在、ウェブサイトを「五月雨式」に移転してゐます。これまで http://kan-chan.stbbs.net に置かれてゐた内容を、順次 http://osito.jp に移転してゐます。
 同人サークル関係のセクションについても、 http://osito.jp/dojin/ に移転してゐます。当面は旧アドレスからも辿れますが、ブックマークやリンク集の更新をしていただければ幸ひです。
 なほ、今回の移転と同時に、スマートフォンタブレット端末への対応も行つていきます。サイトの閲覧やPDFファイルのダウンロードが以前より楽になりました。
 残りのセクションも順次移転していく予定ですが、リニューアルし始めた「はなごよみ」ウェブサイトを、今後ともよろしくお願ひ致します。