#C98中止 のため #FSSスイーツ本 交換対応期間を短縮します

 当サークル「はなごよみ」は、5月に開催される「コミックマーケット98」にサークル参加予定でしたが、残念ながら、新型コロナウイルス対策としてイベントが中止となりました。

 また、「コミックマーケット98」のサークルスペースで、「内宮学院甘味倶楽部」制作の同人誌「The Fabulous Sweets Stories」(通称:FSSスイーツ本)の第二版への無償交換対応(初版見開き部分の不備修正のため)の予定でしたが、コミケ中止に伴って、サークルスペースでの手渡しでの交換も残念ながら出来なくなりました。

 上記同人誌の、郵送による無償交換対応は可能です。ただし、スケジュール見直しのため、締切を(当初予定の、コミケのある5月までではなく)4/3 23:59に短縮する事に決まりました。交換ご希望の方はお早めに。
 交換申込フォームはこちらです→ https://t.co/CsDS8AUV6W

 詳しくはこちらをご覧下さい。
f:id:osito:20200329004805j:plain

スマートウォッチが腕時計の男女向けの差を無くしつつある

世の中を見ると、大ぶりなApple Watchを女性が普通に着けたり、
www.apple.com

小ぶりなXiaomi Mi Bandを男性が着けたり。
www.amazon.co.jp

確かに、情報量の多さでは大きな盤面が有利だし、スポーツのお供には小さくて軽い方がいい。
スマートウォッチは、男女よりも目的で大きさを選ぶものなのかもしれない。
「男性が大きな時計、女性が小さな時計」なんて従来の「常識」を、スマートウォッチが破壊しつつある。

#FSSスイーツ本 の通販、および初版不具合の無償交換について

The Fabulous Sweets Stories(FSSスイーツ本)の通販、および初版不具合の無償交換を開始しました。
詳しくはこちらをご覧下さい。

「第四回文学フリマ京都」にサークル参加します

先日告知した通り、第四回文学フリマ京都にサークル参加します。
日時:2020/1/19(日) 11:00~16:00
会場:京都市勧業館 みやこめっせ 1F 第二展示場C・D
サークル名:はなごよみ
配置番号:す-11

当日頒布予定の本は以下の通りです。
(新刊はWebカタログにも掲載。本によっては、うちのサイトの同人誌紹介コーナーに見本PDFがあります。)

歴史的仮名遣関係(「はなごよみ」発行)
みんなのかなづかひ 創刊準備號、創刊號、2018、2019、2020【新刊】
歩みの念 第一章、第二章(原稿用紙手書き版)
コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門

歴史的仮名遣関係(「國語問題協議會」「文字文化協會」委託)
國語國字 第183號 300円 ※福田恆存特輯。実際に会った事のある人、本で知った人等、様々なエッセイを収録。
國語國字 第211號 300円 ※「正漢字100字運動」の記事を収録。
國語問題協議會四十五年史 3,000円→特別価格2,000円 ※「國語問題協議會」ができた経緯や宣言文、活動記録、会誌「國語國字」の目録、講演会の「全講演摘録」等。
今昔秀歌百撰 1,500円 ※上代から近・現代までの和歌の秀作百一句とその解説。
平成漢字基本字形集 1,500円 ※正漢字を基本とした、漢字の字形一覧。

■萌えぎのエレンさんの本
研究日誌
綾波レイはどこへ消えた?
あまJ
Rose Petals
モニ・セイクレッド ~アイドルまとめサイトの作り方~
ハロプロ超帝國

■アニメ関係
NAGANO!
ZAP!
ガンダムの見方
コミケでご好評いただき完売した、ファイブスター物語に登場するスイーツをテーマにしたフルカラー本「The Fabulous Sweets Stories」は、在庫切れのため文学フリマ京都では頒布しません。

■その他
萌えと音楽
どうして女の子の絵ばかり描くの?
見ただけでわかる各種ビタミンのあれこれ
見ただけでわかる活性酸素のあれこれ【新刊】

みんなのかなづかひ2020

f:id:osito:20191214114151j:plain
表記:正字・正かな、新字・正かな
予価:700円
内容見本(PDF): https://osito.jp/dojin/c97a01_preview.pdf

歴史的仮名遣による文芸同人誌。今回は「縦書きと漢数字」がテーマ。また、漢字廃止論に対する反論記事も書き下ろし。その他、エッセイ、詩、小説等。

縱書き原稿に思ふこと(押井德馬)
縦書き横書きについて(名賀月晃嗣)
お隣さんはカナモジカイ(くまくん)
「国語国字問題Q&A」に答へる(押井德馬)
クローデルの言葉」の出典は?(押井德馬)
書評欄(くまくん)
冴えカノFine鑑賞記(blueday)
わすれた頃に(絲)
歩みの念 第四章(明日槇悠)
奧樣は眞魚(絲)

見ただけでわかる活性酸素のあれこれ

f:id:osito:20191214184111j:plain
表記:新字・新かな
予価:200円
委託本。去年発行した「見ただけでわかる各種ミネラルのあれこれ」の続篇です。活性酸素がどんなものなのか、活性酸素の害を減らすにはどうすればいいのか等、活性酸素の入門書です。

「コミックマーケット97」新刊紹介

コミックマーケット97」新刊紹介
先日告知した通り、「コミックマーケット97」にサークル参加します。
f:id:osito:20191101181921p:plain
日時:2019/12/30(月) 10:00~16:00 ※三日目です
会場:東京ビッグサイト
サークル名:はなごよみ
配置番号:南マ34a

隣は「カナモジカイ」(注:うちのサークルとは関係なし)です。漢字制限反対・歴史的かなづかひ擁護の同人誌「みんなのかなづかひ」を出すサークル「はなごよみ」と、漢字削減・仮名遣表音化を主張するサークル「カナモジカイ」(私も当日初めて顔合せします)が同じ机になる、まるで「逆CP隣接配置」みたいな事になってます。
でも、近・現代の国語の歴史にご興味ある方は、「当用漢字表」「現代かなづかい」の普及にも尽力した、お隣の「カナモジカイ」もきっと興味深いはずですので、「呉越同舟」の「南マ34」に皆様是非お越しください。
f:id:osito:20191217091159j:plain

当日頒布予定の本は以下の通りです。
(新刊はWebカタログにも掲載。本によっては、うちのサイトの同人誌紹介コーナー http://osito.jp/dojin/pubs/ に見本PDFがあります。)

歴史的仮名遣関係(「はなごよみ」発行)
みんなのかなづかひ 創刊準備號、創刊號、2018、2019、2020【新刊】
歩みの念 第一章、第二章(原稿用紙手書き版)
コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門

歴史的仮名遣関係(「國語問題協議會」「文字文化協會」委託)
國語國字 第183號 300円 ※福田恆存特輯。実際に会った事のある人、本で知った人等、様々なエッセイを収録。
國語國字 第211號 300円 ※「正漢字100字運動」の記事を収録。
國語問題協議會四十五年史 3,000円→特別価格2,000円 ※「國語問題協議會」ができた経緯や宣言文、活動記録、会誌「國語國字」の目録、講演会の「全講演摘録」等。
平成漢字基本字形集 1,500円 ※正漢字を基本とした、漢字の字形一覧。
今昔秀歌百撰 1,500円 ※上代から近・現代までの和歌の秀作百一句とその解説。

■萌えぎのエレンさんの本
研究日誌
綾波レイはどこへ消えた?
あまJ
Rose Petals
モニ・セイクレッド ~アイドルまとめサイトの作り方~

■アニメ関係
The Fabulous Sweets Stories【新刊】【「秘密結社まづいたれ」委託】
NAGANO!
ZAP!
ガンダムの見方

■その他
萌えと音楽
どうして女の子の絵ばかり描くの?
見ただけでわかる各種ビタミンのあれこれ
見ただけでわかる活性酸素のあれこれ【新刊】

みんなのかなづかひ2020

f:id:osito:20191214114151j:plain
表記:正字・正かな、新字・正かな
予価:700円
内容見本(PDF): https://osito.jp/dojin/c97a01_preview.pdf

歴史的仮名遣による文芸同人誌。今回は「縦書きと漢数字」がテーマ、そして隣のサークルスペースがカナモジカイさんだと判明したので、カナモジカイについての記事も書き下ろしました。

縱書き原稿に思ふこと(押井德馬)
縦書き横書きについて(名賀月晃嗣)
お隣さんはカナモジカイ(くまくん)
「国語国字問題Q&A」に答へる(押井德馬)
クローデルの言葉」の出典は?(押井德馬)
書評欄(くまくん)
冴えカノFine鑑賞記(blueday)
わすれた頃に(絲)
歩みの念 第四章(明日槇悠)
奧樣は眞魚(絲)

The Fabulous Sweets Stories

f:id:osito:20191214183401j:plain
表記:新字・新かな
予価:500円
二十数年ぶりに再開した、萌えぎのエレンさんのサークル「秘密結社まづいたれ」による同人誌(委託作品)。
月刊ニュータイプ」で連載中の漫画「ファイブスター物語」に出てくるスイーツをテーマにしたイラスト・写真・エッセイを載せたフルカラー本です。
この漫画で、最近流行りの「タピオカミルクティー」をいち早く取り上げてた事をご存じでしたか?
f:id:osito:20191217091220j:plain

見ただけでわかる活性酸素のあれこれ

f:id:osito:20191214184111j:plain
表記:新字・新かな
予価:200円
委託本。去年発行した「見ただけでわかる各種ミネラルのあれこれ」の続篇です。活性酸素がどんなものなのか、活性酸素の害を減らすにはどうすればいいのか等、活性酸素の入門書です。

「第四回文学フリマ京都」にもサークル参加します

 2020/1/19(日) 開催、「第四回文学フリマ京都」にもサークル参加します。ブースNo.は「す-11 」です。関西からお越しの方は、こちらもどうぞ。

「國語講演會」「コミックマーケット97」で同人誌を頒布します

國語講演會

2019/11/09(土) 14:00から、國語問題協議會(http://kokugomondaikyo.net)の「國語講演會」が開かれます。
場所は、東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル8階「日本倶楽部」です。
osito.jp

講演は以下の通りです(敬称略)。
王明理『台湾人の母語と「国語」』
荒川慎太郎『西夏文字について』
講演会が1,000円、その後参加希望であれば懇親会が一般6,000円(学生2,000円)で、非会員も歓迎とのこと。詳しくは國語問題協議會(http://kokugomondaikyo.sakura.ne.jp)へお問合せ下さい。

物販コーナーでは、講演者や会員の出した本などの他、はなごよみからも「みんなのかなづかひ」(創刊準備號・創刊號・2018・2019)、「コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門」を頒布します。
講演会終了後はすぐ撤収しますので、講演会の始まる前のお買求めをおすすめします。
例年通りですと、講演会・懇親会の後に二次会も開かれます。正かなづかひを愛する先輩達と交流できる機会ですので、御都合の付く方は是非いらして下さい。

コミックマーケット97

f:id:osito:20191102173523p:plain
※カタログを見て驚いたのですが、何と隣は「カナモジカイ」(注:うちのサークルとは関係なし)です。つまり、漢字制限反対・歴史的かなづかひ擁護の同人誌(「みんなのかなづかひ」)を出すサークル(うち)と、漢字削減・仮名遣表音化を主張するサークル(カナモジカイ)が同じ机になります。近・現代の国語の歴史にご興味ある方は、お隣の「カナモジカイ」もきっと興味深いはずです。
日時:2019/12/30(月) 10:00~16:00 ※三日目です
会場:東京ビッグサイト
サークル名:はなごよみ
配置番号:南マ34a

当日頒布予定の本は以下の通りです。
(新刊はWebカタログにも掲載。本によっては、うちのサイトの同人誌紹介コーナー http://osito.jp/dojin/pubs/ に見本PDFがあります。)

■正かな同人誌等
みんなのかなづかひ 創刊準備號、創刊號、2018、2019、2020【新刊】
歩みの念 第一章、第二章(原稿用紙手書き版)
コンピュータによる旧字旧かな文書作成入門

■萌えぎのエレンさんの本
研究日誌
綾波レイはどこへ消えた?
あまJ
Rose Petals
モニ・セイクレッド ~アイドルまとめサイトの作り方~

■アニメ関係
The Fabulous Sweets Stories(仮題)【新刊】
NAGANO!
ZAP!
ガンダムの見方

■その他
萌えと音楽
どうして女の子の絵ばかり描くの?
見ただけでわかる各種ビタミンのあれこれ
見ただけでわかる活性酸素のあれこれ(仮題)【新刊】

「みんなのかなづかひ2020」について

頒価:未定(800円前後?)
表記:正字正かな、新字正かな

歴史的仮名遣による文芸同人誌。今回は「縦書きと漢数字」がテーマ。現在制作中です。

「The Fabulous Sweets Stories(仮題)」について

表記:新字新かな

二十数年ぶりに再開した、萌えぎのエレンさんのサークル「秘密結社まづいたれ」による同人誌(委託作品)。
月刊ニュータイプ」で連載中の漫画「ファイブスター物語」に出てくるスイーツを特集したフルカラー本です。
この漫画で、最近流行りの「タピオカミルクティー」をいち早く取り上げてた事をご存じでしたか?

「見ただけでわかる活性酸素のあれこれ(仮題)」について

頒価:200円(予定)
表記:新字新かな

委託作品。ビタミン、ミネラルに続いて活性酸素の本が出る予定です。

「窓ぎわのトットちゃん」の謎

「窓ぎわのトットちゃん」とは

 黒柳徹子の小学時代を綴つた自伝で、初版は1981年。
 「トットちゃん」とは黒柳徹子のあだ名。彼女の言葉を借りると「(トット助と呼ぶ)パパと、犬のロッキー以外は」この渾名(あだな)で呼んでゐたといふ。
 彼女は最初に入学した小学校で問題児扱ひされてゐた。教室の机の蓋(ふた)が珍しくて授業中何度もパタパタ開け閉めしたり、パタパタやつてゐないと思つたら、窓際でチンドン屋さんを待つてゐたり、日本の国旗を画用紙に描く授業では軍艦旗(旭日旗朝日新聞のマークに似たあれ)に黄色い房をクレヨンで描いて机に跡が残つてしまつたり、本人は好奇心旺盛なのだが先生からは迷惑がられてしまひ、たうとう小学1年にして退学させられてしまふ。しかし、ユニークな教育方針の「トモエ学園」に転校し、のびのびと小学生活を送るやうになつた。特に、校長先生の「君は、本当は、いい子なんだよ」といふ言葉は、これまで薄々と疎外感を感じてゐた彼女をいつも元気づけてくれる言葉であつた。
 ところが、そのユニークな校風のトモエ学園にも、戦争といふ暗い陰が迫つてきてゐた。親切だつた小使ひさんを含め、「トットちゃん」の周りの大人たちがどんどん戦地に行つてしまつたり、傷病兵の慰問、疎開、最後にはトモエの校舎もB29の空襲で焼けてしまふ。
 この本の出た時、ちやうど日本では校内暴力の嵐であり、ある学校では卒業式で警官が警備したといふ。いはゆる「タレント本」は一時の流行りですぐ売れなくなるといふのが普通だが、この本に限つては、そのやうな時勢にあつて教育問題を考へさせるやうな本だつたためか、ベストセラーとなり、小学校の教科書にも採用され、今でも老若男女に愛読されてゐる本である。
 また、今は亡き「いわさきちひろ」による水彩画も非常に効果的に使はれてゐる本である。この本が出版された時点で、「いわさきちひろ」はすでに亡くなつてゐたらしいが、既発表作品や未発表作品も交へて本を飾つてをり、あとがきをよく読まないと、「窓ぎわのトットちゃん」のための描きおろしかと思つてしまふほどである。
 残念ながら、この、「いわさきちひろ」の挿絵のために「表紙が女つぽい」と敬遠してゐた男性諸氏は結構ゐたらしい(文庫版あとがきより)。しかし、そんな男性も、家の者がどうしてもと勧めるので読んでみたら、本当にいい作品だつたといふ感想がほとんどだつたといふ。先入観にとらはれずに読んでみると、意外にも興味深い作品に遭遇する。こんなことは時々あるもの。

トットちゃん」には弟がゐた

 黒柳徹子の母である、黒柳朝は、「チョッちゃんが行くわよ」といふ自伝を出してゐる。この本は「チョッちゃん」といふ題名でNHKの朝のドラマにもなつたのを覚えてゐる人がゐるかもしれない。
 「窓ぎわのトットちゃん」とこの本を比較してみると、意外な事実に驚かされる。何と、「窓ぎわのトットちゃん」では一度も触れられてゐない、「トットちゃん」の弟(明兒)が「チョッちゃんが行くわよ」には出てくるのである。
 この弟は家族に非常にかはいがられてゐたのだが、ある日具合が悪くなつてしまふ。そして、「アイスクリームが食べたい」と言ふので、苦労してアイスクリームを探させて持つてこさせる。その子は病床でアイスクリームを食べ「ああ、おいしかった」と言ふのだが、ほどなくして死んでしまふ。こんな内容であつた。
 非常にかはいがつてゐた弟の急死は、黒柳一家に大きな衝撃を与へたに違ひない。黒柳徹子にとつてこれは、何十年経つても、「窓ぎわのトットちゃん」に書くのがつらいほどのものだつたのだらうか。
 なほ、「トットちゃん」には他にも弟(後にヴァイオリニストとなる紀明)、妹(後にバレリーナやエッセイストとなる眞理)もゐるさうである。この二人も、「窓ぎわのトットちゃん」には出てこない。

パパが軍歌を弾かなかつた理由

 トットパパ(黒柳守綱)はN響の楽団員で、ヴァイオリンを弾いてゐたらしい。戦時下で楽団の仕事が少なくなつてきた時、パパに、軍需工場で軍歌を弾く仕事の話が入つてくる。さうすると、「お砂糖とか、お米とか、ヨーカンなど」を、おみやげとしてもらへたといふ。
 これは願つてもない仕事だつたに違ひない。しかし、「窓ぎわのトットちゃん」の中で、トットパパはかう答へる。「……僕のヴァイオリンで、軍歌は、弾きたくない」
 さて、パパはなぜ、この願つてもない仕事を蹴つてまでも、ヴァイオリンで軍歌を弾きたくなかつたのだらうか。
 この質問を、「かわいそうな ぞう」とか「おかあさんの木」みたいな反戦国語教材で授業を受けてきた世代に質問するならば、恐らく、「トットパパは戦争が嫌ひで戦争に反対だつた。だから人殺しの音楽を弾きたくなかつたのだ」といふ答へが半分以上を占めるかもしれない。
 実は、「窓ぎわのトットちゃん」を初めて読んだ小学3年の時は私もさう思つてゐた。しかし、今は少し違ふ。理由はそんなに簡単な言葉で要約できるわけでもないと思ふ。
 もつとも、「チョッちゃんが行くわよ」によると、黒柳家はクリスチャン家族であり、戦争といふものを基本的に快くは思つてゐなかつたらしい。だから恐らく、兵隊に行つたのも赤紙が来たので仕方なく行つただけで、自分から進んで行つたわけではないのだらう。
 トットパパがなぜ軍歌を弾かなかつたのか、私たちは、ただ想像するのみしかない。トットパパは戦争が嫌ひだつたらうことは確かで、それが理由の一つだつたらうことは、想像に難くない。しかし、現代みたいな反戦運動から生まれたものではなくて、きつと人間として、またキリスト教精神としての博愛から生まれたものだつたらう。そして、「窓ぎわのトットちゃん」には「でも、それより以上に、パパには、自分の音楽が大切だった。」とあるやうに、ただ戦争が嫌ひだつたといふ理由だけでなく、芸術的理由もあつたのではなからうか。軍歌は、トットパパにとつて、他から言はれて弾く音楽であり、自分が納得して弾く音楽ではなかつたのだらう。また、戦場で死んでいくだらう兵隊たちのことを想像すると、戦争が嫌ひとかそれ以前に、やりきれない気持ちだつたのだらう。私はさう推測する。

黒柳邸の最寄駅

 実は、「窓ぎわのトットちゃん」には、場面としては何度も出てくるはずの、黒柳邸の最寄駅の名前が全然載つてゐない。自由が丘駅(当時は「自由ヶ丘駅」)だとか、他の駅の名前は出てくるのに、一番利用してゐるはずの出発駅の名前が全く出てこないといふのも、をかしな話である。そこで、本文中からその駅を推測してみようと思ふ。

 「自由が丘の駅で、大井町線から降りると、」(はじめての駅)……大井町線を使つてゐることは確実。

 「そう思ったら、もう、早く学校に着きたくなって、まだ、あと二つも駅があるのにドアのところに立って、自由が丘に電車が着いたら、すぐ出られるように、ヨーイ・ドンの恰好で待った。」(校歌)……家から二駅以上はあるのは確実。

 「そのとき電車は、トットちゃんの降りる駅の一つ前の大岡山につき、反対側のドアが開いた。」(とっても不思議!)……前後の文脈からすると、学校の帰り道は、自由が丘から大岡山方面に乗つてゐて、しかも大岡山で途中下車して目蒲線(現在の目黒線)に乗り換へることなく、そのまま乗り続けてゐる。といふことは……

 結論。黒柳邸の最寄駅は、大井町線(現在は東急の路線の一つ)の「北千束」駅である。ただし、大井町線の駅が今と同じであればといふ仮定の上での話だが……。

 なほ、「トットちゃん」が以前通つてゐた「赤松学園(赤松小学校)」は、現在も北千束駅のプラットフォームから見える、駅のすぐ近くにある学校である。学校の近くでかつての級友とすれ違ひながら、自分だけは大井町線に乗つて「トモエ学園」に行く「トットちゃん」は、どんな気持ちだつたのだらう、と想像すると、切ないものがある。

参考文献

「窓ぎわのトットちゃん」黒柳徹子 著、講談社 発行。
チョッちゃんが行くわよ」黒柳朝 著、主婦と生活社 発行。
「トモエ学園の仲間たち」野村健二 著、三修社 発行。
トットちゃんの先生 小林宗作抄伝」佐野和彦 著、話の特集 発行。
黒柳徹子トットちゃん)の実家はどこにあった?」https://katsuq.com/blog-entry-150.html

※この記事は「はなごよみ」ウェブサイトの内容整理に伴つて、こちらに移転させました。1999年初出、2003年、2019年改訂。